安藝西條 新宮神社


お知らせ


令和3年

 

 随時 御祈願受付(厄祓、初宮詣、家内安全、交通安全、地鎮祭など)

AM10:00〜PM4:00 

                   

◎東広島市指定重要文化財本殿改修工事に伴う仮神殿への遷座祭

令和3年9月10日PM6:30に御神体を遷す遷座祭が執り行われました。

 

9月中頃より工事が始まります。

今後、工事の為の御寄進をお願いしております。

ご協力頂ける方は、神社までお問い合わせ下さい。 

神社縁起


大同2年(西暦807年)紀州熊野社より旧西条町寺家・八本松町

米満・篠・正力・宗吉・飯田・原飯田・吉川内国松等の産土神社

として勧請し、初め四方より遙拝できるように明神山(新宮山、

通称:ダンゴ山)山頂にあり、江戸時代中期頃に現在地に遷宮された。

主祭神


◎新宮神社

・伊弉冉尊

・事解男命

・速玉男命

◎相殿下賀茂神社

・神武天皇

・玉依姫命

 

お問合せ


お電話はこちらまで

082-423-4017

 

メール

i.taka_s50@k8.dion.ne.jp

 


行事予定や神社の様子など掲載。


コラム:おかしなコロナ騒動
スエーデンでコロナ治療の最前線にいる宮川医師が、新型コロナに家族全員かかったが、全員軽症でインフルエンザより軽かった、とツイートしたら炎上。「軽症者を一般化するな!」「そんな事をツイートしたら新型コロナはただの風邪だと流布されてしまうじゃないか!」「医師にあるまじき行為!」などと叩かれてしまうという意味不明な状態に。
どうやら、新型コロナにかかった人間はとにかく苦しんで重症化し、最悪死に、治っても後遺症で苦しまなければならない、と思っている人、又そうでなければ困る人が一定数いるのです。何故かこの人たちが世論を形成しており、そして、この同調圧力によって正確な実態に即した情報が伝わらない、これが日本の現状なのです。大変悲しいことです。
以下、宮川医師のツイート。

https://twitter.com/AyakoMiyakawa/status/1377210329684381696

お勧め動画:大木提言(東京慈恵会医科大学病院 大木隆生教授)

大木提言は考えさせられるものがあります。

大木教授の言う『「死」という分かり易い数字にとらわれ、若者の目に見えない無形の財産を奪っている』ことを我々はしっかりと認識しなければなりません。

我々は生きることが当たり前になり、生き長らえることが目的と化してしまっています。これは現代宗教の怠慢ともいえます。

我々は、病気にならない為に生きているのでは無い。死なないために生きているのでは無い。

是非ともこのコロナ禍を機に、生きる意味を、「死」とは何か、「生」とは何か、を考える機会にしてはどうでしょうか?

「生」「死」そして、生きる意味を考えることは宗教の根本思想でもあり、それが宗教の存在意義であると考えます。

真理とは「生」と「死」の狭間にしか存在しない。

◎新型コロナウイルス対策ポイント

 

  1.  目鼻口(感染経路)は触らない
  2.  触る時は手を洗う(ウェットティッシュで拭くだけでも可。ウィルスは1/100にはなる。ウィルス1万個以下なら感染しない)
  3. マスクをしても騒げば飛沫は洩れる
  4. マスクが無くても、黙っていたり小声でいれば飛沫は飛ばない(マスクが無ければ小声で喋れば問題無い。マスクを絶対視しない)
  5. 未就学児のマスクは無理にしなくてもいい。(WHOでも未就学児のマスクは推奨されていません。一説には子供のマスクは成長を阻害する要因にもなるとも言われている。)
  6. 換気が良ければ空気感染はほぼない(新型コロナウィルスのR0基本再生産数〉は1.72.5。インフルエンザのR0は2~3、空気感染する麻疹ウィルスのR01218

 

20才以下の日本での重症化死亡率は0です。(インフルエンザは毎年10代以下でインフルエンザ脳症で約100人、死者で約30〜50人出ていました)